会社沿革

昭和24年 5月 初代社長の故福島礼一が大阪市西淀川区に
福島商店
を紙料原料商として創業。
昭和30年 3月 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)アイロン事業部と取引開始。
昭和54年 5月 光洋産業株式会社と社名変更。
昭和59年 5月 奈良及び大阪の各営業所の物流部門を独立し株式会社光洋物流を設立。
(資本金1,000万に増資)
昭和63年 4月 パナソニック株式会社ライフソリューションズ社(旧松下電工㈱)住建田辺物流センター内に、田辺出張所を開設。
平成 3年 4月 パナソニック株式会社 コンピュータ事業部 神戸工場の
開設に当たり、神戸営業所及び神戸工場を開設。
平成 4年 4月 資本金2,100万円に増資。
平成 5年 9月 パナソニック株式会社 アプライアンス社の取引を光洋産業株式会社より引継ぐ。
平成 5年11月 キヤノン販売株式会社と取引開始。
平成 6年 9月 パナソニック電工株式会社 外装事業部(現ケイミュー株式会社)との取引開始。
住宅外装材のサンプル切断加工を請負う。
平成 7年 6月 シャープマニファクチャリングシステム株式会社と取引開始。
平成 8年11月 京都営業所を開設。
平成 9年11月 大阪営業所を大阪府大東市に移転。
パナソニック株式会社 パーソナル コンピュータ事業部(現パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社)のサービス部品の管理及び 入出庫業務を受託。
平成12年 1月 富士物流株式会社及び宝永電機株式会社との取引開始。
平成13年 9月 インターネット販売を開始。
平成15年 11月 大阪門真市に自社ビルを竣工 新規営業所として大阪営業所業務開始。
平成16年 8月 ISO 14001:1996LRQA(ロイド・レジスター)
認定により取得。
平成17年 8月 特定労働者派遣事業(特 29-300037)を届出し受理され業務開始。
現在労働者派遣事業(派27-304025)
平成17年 8月 パナソニックホームエレベーター株式会社のサービス部品の入出庫管理業務請負い開始。
平成18年 1月 北門真出張所を開設。
パナソニック株式会社AVC社のサービスパーツグループとの請負業務開始。
平成18年 6月 PPSC出張所を開設。
パナソニックパーツサプライ株式会社と業務請負を開始。
平成18年 7月 資本金3,150万円に増資。
平成18年12月 パナソニックエイジフリーライフテック株式会社(現パナソニックエイジフリー株式会社)の部品入出庫管理及び介護用品の組立業務の請負開始。
平成19年 2月 ISO9001:2000をLRQA(ロイド・レジスター)の認定により取得。
平成19年 4月 日本通運株式会社とのサービス部品の入出庫業務請負開始。
平成21年11月 本店所在地を門真市(現大阪営業所)に移転。
平成22年7月 奈良県天理市に自社ビル竣工 奈良営業所と京都営業所を合併し奈良支社を開設。
平成22年7月 パナソニック株式会社の電子部品倉庫の運営管理業務の請負開始。
平成22年9月 小倉営業所を開設。 パナソニックエコソリューションズ住宅設備株式会社の住宅用品のサービス部品の管理及び入出庫管理業務請負開始。
平成24年5月 パナソニックエコソリューションズ物流株式会社(現パナソニック物流株式会社)の住宅サービス部品の保管先の変更に伴い、田辺出張所を閉所しパナソニックエコソリューションズ物流株式会社四条畷物流センター門真東倉庫内に門真東出張所を開設。
平成26年4月 日通・NPロジスティクス株式会社 部品事業センターとの業務請負を開始。
令和元年11月 一般貨物自動車運送事業の許可(近運自貨第668号)
令和2年2月 奈良支社 運輸部開設。